スイッチオンでその向こうへ、ずっと向こうへ/スイッチオフであっという間に落ちてった

ミスチルの古めのアルバムを大人借り。
深海とか、Qとか。そのあたりです。
思い返してみるとこういう音楽に出会ったのはミスチルの「名もなき詩」が初めだったような気がします。
久しぶりに聞いてみると歌詞も昔とは違う受け止め方になるもんです。
良くも悪くも。


あれ、BOLERO借りてねえ。Brandnew my lover聞きたかったのに。