こじんてきえすえむろん

SとMについての思考です。
いわゆるサディスト、マゾヒストっていうアレですね。
個人的な考えですが、相対的に決まってくるものではなかろうかと。
例えばAさんとBさんがいたとします。
AさんのS度は50でBさんのS度が10だとします。
このとき、SがAさんでMがBさんになるわけです。
BさんはSよりな性格であるものの、自分よりSな人と相対するときにはMになってしまうのです。


CさんがMよりでM度が10の場合、AさんもBさんもCさんに対してはSになるわけです。
さらに、DさんのM度が50であれば、DさんはA〜Dさんの集団においてM、
すなわちいじられ役になるわけです。


ただし、度を越してSな人、Mな人というのは往々にしているもので。
S度が100を超えるといわゆるドS、逆にM度が100を超えるとドMとなります。
EさんのS度が100、FさんのS度が150だとしたとき、
FさんがEさんよりもよりSですが、Eさんはいじられることを不快に感じてしまいます。
よって、ドS同士だと険悪になってしまいます。
ただし、この場にA〜Dさんの誰かがいれば、E、Fこぞって相対的Mの人をいじりに行きます。
このときのEさんFさんの意気投合っぷりはすごいことになります。


アルファベットだらけになってしまって分かりにくかったかもしれません。
しかしいちいち図式にするのも面倒くさいのでこのまま投稿することとします。
ちなみに自分はS度50くらいの人間だと思ってます。
どちらかというといじりたいほう。どうでもいいですかね。